ご予約・お問合せ0561-54-3926

診療時間 月・火・水・金 10:00〜13:00、15:00〜20:00
9:00〜12:00、13:00〜15:30
休診日 木・日・祝日(祝日の週の木曜は診療します)
アクセス
入れ歯・スポーツ歯科入れ歯・スポーツ歯科

入れ歯
スポーツ歯科

入れ歯

それぞれの入れ歯の長所・短所をご説明した上で、
ご要望とライフスタイルに合った入れ歯をご提案しています。

ご自身に合った入れ歯をおすすめします

入れ歯・イメージ  入れ歯の種類には、部分入れ歯、総入れ歯、単純に分ければこの2種類ですが、その中でも保険が適用される入れ歯、自由診療の入れ歯など、さらに種類が分かれます。
 当院では患者様のご要望やお口の状態に合わせて最適な入れ歯をおすすめします。

保険適応の入れ歯の即日修理を行っています

入れ歯の即日修理  保険適応の入れ歯は、壊れやすいのが難点ですが、都度修理をすれば問題なく使え、負担も少なくて済みます。
 当院では、損傷の程度にもよりますが、できる限り即日修理を行っていますのでご相談ください。

付け心地や噛み心地、見た目の優れた自由診療の入れ歯

コバルトクロム床義歯(総入れ歯・部分入れ歯)

 入れ歯の土台になる部分「床(しょう)」がコバルトクロム合金でできています。

コバルトクロム床義歯
メリット
  • 薄くできているため違和感が少ない
  • 汚れが付きにくい
  • 割れにくく、変形しにくい
デメリット
  • 人によっては金属アレルギーの心配がある
  • 修理できないケースが多い

コンフォート義歯(総入れ歯・部分入れ歯)

 入れ歯の歯ぐきにあたる面を生体用シリコーンで覆い、入れ歯と歯ぐきの間でクッションの役割をします。

コンフォート義歯
メリット
  • 現在使っている入れ歯を利用して加工することが可能
    (種類によっては、加工できないこともあります。)
  • シリコーンのクッション性により、硬い入れ歯が歯ぐきにあたって痛む可能性が少なくなり、良く噛めるようになる
  • シリコーンは吸着性が良いため、入れ歯が落ちたり外れにくくなる
デメリット
  • 汚れが付きやすい(専用の洗浄剤が必要です)
  • 修理できないケースが多い

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

 一般的な部分入れ歯と違って、金属のばねがなく、見た目も目立ちにくい部分入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー
メリット
  • 見た目が自然で審美性にすぐれている
  • ばねを使用しないため周囲の歯の負担が少ない
  • 割れにくい
デメリット
  • 温度変化に弱い
  • 抜けた歯が多い場合は不向き

スポーツ歯科

安全にスポーツを楽しんでいただくために、
スポーツ用のマウスピースをご提供しています。

マウスピースで激しいスポーツからお口を守りましょう

マウスピース着用が義務付けられているスポーツ  競技のルールでマウスピース着用が義務付けられているスポーツや、格闘技など激しいぶつかり合いがあるため口を守るためにつけるマウスピースがあります。
 マウスピースは、怪我から保護するだけではなく、マウスピースを噛み締めることで、力を発揮することに繋がったり、脳や首へのダメージを軽減したりする効果が期待されています。

マウスピースを必要とするスポーツ

 ボクシング・空手・柔道・剣道・格闘技・レスリング・アメフト・ラグビー・スキー・スノーボード・野球・ソフトボール・バスケットボール・ハンドボール・重量挙げ・ハンマー投げなど

マウスピースの効果

  • 歯の抜けや折れの保護
  • お口の中・周囲の怪我防止
  • あごの骨折防止と保護
  • 脳しんとうの防止

マウスピースはオーダーメイドタイプがおすすめです

マウスピース  マウスピースは市販のタイプもありますが、購入者自身が作るため、上手く形態が取れず、違和感を感じたり気持ちが悪くなったりする場合があります。
 そのため、当院では、歯科医院で作成するオーダーメイドタイプをおすすめしています。
 歯科医院で精密に型を採るため、違和感が少なく、適合性が良く、落ちにくいという利点があります。

制作の流れ

  1. 精密な歯型を採ります。
  2. マウスピースを製作します。
  3. 調整・完成

※オーダーメイドマウスピースでは、様々な色からお選びいただけます。(赤・青・黄・緑・白)

マウスピースのお手入れ方法

  • 使用後は、流水で洗った後、専用の容器に入れて保管してください。
  • 汚れがついた場合、入れ歯洗浄剤を使ってください。
  • 変形するので高温の所には放置しないでください。
  • 違和感を感じた場合は、当院にご相談ください。
TOP