ご予約・お問合せ0561-54-3926

診療時間 月・火・水・金 10:00〜13:00、15:00〜20:00
9:00〜12:00、13:00〜15:30
休診日 木・日・祝日(祝日の週の木曜は診療します)
アクセス
インプラント・口腔外科インプラント・口腔外科

インプラント
口腔外科

インプラント

歯を失ってしまった方や、入れ歯でお困りの方へ。
インプラント治療で、自然な噛み心地を再び。

より安全に、より最適な、最新インプラント治療を行います

インプラント  失った歯の代わりに、人工の歯根(インプラント体)と支台(アバットメント)、人工歯を取りつけるインプラント治療は、周囲の歯を温存でき、また、しっかりと物が噛めるため、乳歯・永久歯に次ぐ「第三の歯」とも呼ばれています。
 治療には外科的処置を行うため、細心の注意を払う必要があります。当院では、常に最新の技術や情報を取り入れ、お一人お一人のお口の状態に合ったインプラント治療を行います。
 インプラント治療をお考えの方、カウンセリングを無料で行っておりますので、まずはご相談ください。

CTを使った精密な診査診断を行います

 治療前診断として、インプラント体を埋入するあごの骨の質や厚み、高さ、形態を正確に把握する必要があります。
 当院では歯科用CTから得た3次元の情報を基に、骨の状態を正確に把握し、治療計画を立案していきます。
歯科用CT

治療方法のアニメーション

わかりやすく説明します

 インプラント治療を行うにあたり、治療方法や期間、費用等、様々な事に疑問や不安を感じられるのは当然だと考えております。
 当院では、歯の模型や治療方法のアニメーション等を用いて、患者様が充分ご理解・ご納得いただいたけるようわかりやすくご説明させていただきます。

確実な埋入を行います

 インプラント体の埋入は、治療結果において重要な処置です。
 治療計画にて決定した埋入位置に正確に埋入するために、まず患者様の歯型から「サージカルステント」と呼ばれるガイドを手術の前に作製し、治療計画に沿った確実な埋入を行います。

支台(アバットメント)

お一人お一人に合った支台を作製します

 インプラント体に装着する支台は、コンピューターが設計・加工する「CAD/CAMシステム」と呼ばれるシステムを用いて作製します。
 既成の支台のほとんどがチタン製ですが、光の透過が天然歯に近い審美性の高いチタン素材やジルコニア素材で作製する事が可能です。また、あごの形状等の問題で既製の支台が使えない方のインプラント治療も可能になりました。

インプラント治療の流れ

検査・カウンセリング
 問診、CT撮影、歯型の採得などを行い、お口の状態について詳しく検査をします。 歯周病などの治療が必要な場合は、先にそちらの治療を行います。
一次手術一次手術
 歯ぐきを切開して、インプラント体をあごの骨に埋め込みます。
 埋め込みの際は、サージカルステントを使用し、正確な位置に埋め込みます。
 埋め込んだ後は、歯ぐきを縫ってインプラント体を保護します。
治癒期間
 インプラント体とあごの骨の結合を下のあごは約3か月、上のあごは約6ヵ月待ちます。
 必要に応じて、仮歯をつける場合もあります。
二次手術二次手術
 インプラント体とあごの骨がしっかり結合したのを確認したのち、歯ぐきを再び切開し、インプラント体の先端を出して支台を装着し、約1~3週間治癒を待ちます。
 歯冠を装着し、咬む力・咬み心地・咬み合わせに問題がない事を確認し、治療の完了です。

治療後のメインテナンス

 インプラントは人工物なので手入れが不要と思われるかも知れませんが、インプラント体を支えるあごの骨や歯ぐきは、天然歯と同様に細菌感染のリスクがあります。
 良好な治療結果を長期維持するために、継続したメインテナンスが重要です。
 患者様のお口の状態、ライフスタイルに応じたメインテナンス計画をご説明いたします。
 メインテナンスではインプラント体・支台・歯冠の状態や、咬み合わせ・歯周組織・ケアの状態をチェックします。
 その後、ケアの指導やクリーニングを行い、さっぱりとしていただけます。

インプラントの保証について

 当院では安心してインプラント治療を受けていただける様に、治療後3年間の無償保証と、8年間の治療費保証(材料代のみ患者様負担)を行っております。保証は当院が定めた条件を満たす方に限ります。

  • 当院で施術したインプラント治療
  • 当院指定の間隔でのメインテナンス受診
  • 故意・交通事故等による破損は除く

口腔外科

親知らず、あごの違和感を放っておくと悪化する恐れが。
少しでもおかしいと感じたら、早めの受診を。

あごに痛みや違和感のある方。それは、顎関節症かもしれません

顎関節症  「あごが鳴る」「あごが痛い」「口が開けづらい」などでお困りの方は、顎関節症の疑いがあります。
 顎関節症は、あごの関節またはその周辺に、何らかの障害が起きている病気です。
 衝撃を伴う事故や精神的なストレス、また歯の治療によるもの等、原因はさまざまです。

この様な症状はありませんか

  • 口を開けたり閉めたりするとあごからカクカク音がする
  • 口が大きく開けられない
  • 食事や会話であごが疲れる
  • 物を咬むとこめかみが痛い など

顎関節症の治療について

 顎関節症の治療法は、症状や原因によってさまざまです。
 軽いものなら自然に治ってしまう場合もあり、ポキッと音が鳴るだけの場合には特に治療の必要はありませんが、症状が長引く場合、めまいが起きる、口が開かないなど、徐々に症状が悪化する恐れがありますので、早めの受診をおすすめします。

主な治療方法

  • 歯の治療(咬みあわせ治療)
  • 就寝時にマウスピースを装着するスプリント療法

親知らず

親知らず   親知らずは、人によって生えてくる場合と生えてこない場合や、真っ直ぐ生えている場合、斜めに生えている場合と様々です。
 生え方によっては普段の歯磨きがしづらくなり、その影響で親知らずとそこに接している歯が虫歯になってしまう場合がよくありますので、なるべく早めの抜歯をおすすめします。
 親知らずが気になりだしたら、早めにご相談ください。

親知らずの抜歯

  • 正常な歯と同じ様に真っ直ぐ生えている場合は、比較的簡単に抜歯できますが、歯ぐきの中に埋まっている歯や、少しだけ頭を覗かせている歯を抜く場合、他の抜歯より時間がかかってしまいます。
  • 親知らずの周りが腫れている場合は、抗生剤等で炎症を抑えてからの抜歯になります。
  • 抜歯後は消毒のための通院が必要となります。
TOP