ご予約・お問合せ0561-54-3926

診療時間 月・火・水・金 10:00〜13:00、15:00〜20:00
9:00〜12:00、13:00〜15:30
休診日 木・日・祝日(祝日の週の木曜は診療します)
アクセス
小児歯科・妊産婦歯科健診小児歯科・妊産婦歯科健診

小児歯科
妊産婦歯科健診

小児歯科

子供の頃にお口の環境を整えることが、一生の財産に。
定期的な検診で、虫歯のないキレイな歯並びにしよう!

小さい頃からのお手入れが、一生の歯を作ります

お子様の歯のために  「いずれ永久歯に生え替わるのだから、乳歯は虫歯になっても大丈夫」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、乳歯からの虫歯予防は、実はとても大切です。
 乳歯が虫歯になると、硬い食べ物をいやがって食べる物がかたよる、食べ物が十分に噛めないなど食事や栄養の吸収に影響が出ます。
 また、歯ぐきの中で成長している永久歯に悪い影響を与えたり、乳歯の虫歯が酷くなり抜歯してしまうと将来の歯並びが悪くなるなど、歯の生え替わりにまで関係します。
 お子様の歯のために何より大切なのは、小さい頃からお口のお手入れや歯医者での検診を習慣づけることです。

ご家庭で出来る虫歯予防の方法

  • 特に虫歯になりやすい歯と歯の間、歯と歯ぐきの間を中心にしっかりと歯磨きをする。
  • ご家族からお子様への虫歯菌感染を防ぐため、ご家族のお口の中も清潔にする。
  • フッ素入りの歯磨き粉やジェルなどを使う。
    フッ素は、土や水、植物などの自然の中だけでなく、人間の身体にも存在している元素です。
    歯や骨を丈夫にする元素として注目されており、「強い丈夫な歯をつくる」「虫歯の原因を抑える」「初期の虫歯を正常に戻す』働きがあります。

などがあります。
 しかし、お家ではお子様が歯磨きをしなかったり、仕上げ磨きを嫌がったりと、なかなか難しいと思います。そこで、当院では、お子様の虫歯予防を支援するためにキッズクラブを設立しています。

本地ヶ原歯科キッズクラブのご案内(年会費・入会費無料)

楽しく予防! 定期的な予防で、綺麗な歯並びと、虫歯になりにくいお口をつくろう!

 キッズクラブとは、お子様に虫歯のない健康的な歯であり続けていただくことを目的として設立されたプログラムです。1年間に約4回の検診と約4回のフッ素塗布を行うことで、虫歯予防と早期の虫歯発見が可能です。
 また、歯の生え方や噛み合わせ、まだ生えていない永久歯の状態を確認することで、歯並びや噛み合わせの良いあごを育てることができます。
 キッズクラブでは、お子様が歯医者に苦手意識を持たず、楽しく通っていただけるよう、お口の手帳を用いた虫歯予防の指導も行っています。
 定期的な予防でお子様の歯を健やかに保ちませんか?

この様なお子様に

この様なお子様に

  • 虫歯になる前に、しっかり予防したい
  • 定期的に検診を受け、虫歯をチェックしたい
  • 歯医者に苦手意識がある
  • 小さい頃から噛み合わせ、歯並びが気になる
費用:入会費・年会費無料(全て保険の範囲内でやらせていただきます)
対象年齢:0~15歳

定期検診で行うこと

定期検診で行うこと

  • 歯のクリーニング
  • フッ素塗布
  • 検診、虫歯検査
  • 噛み合わせチェック(異常が見つかれば、矯正歯科専門医が診療します)
  • 歯磨き指導
  • 虫歯リスク検査
  • 食生活指導(食育指導)

キッズクラブの特典

  • 3ヶ月に1度、歯のお掃除、フッ素塗布を行います。
  • 毎回最後まで治療を頑張った子にはおもちゃをプレゼント。
  • お口の手帳をお渡しします。お口の中の状態を記載し、保護者の方にわかりやすく説明します。
  • 定期検診の際、スタンプを押します。スタンプが4つ集まると虫歯になりにくいお菓子またはケア用品プレゼント。
  • 年に2回キッズイベントを開催します。詳細は院内にて掲示します。

お口の手帳

お口の手帳とは

 歯科医師、歯科衛生士がお口の中の状態をデンタルノートを用いてご説明します。
 「どこの歯が虫歯になっているのか」「歯磨きが苦手な箇所はどこなのか」「歯並び・あごの成長はどうなっているのか」などを図や文字で指導するため、お子様にもわかりやすくお伝えすることができます。

妊産婦歯科健診

妊娠中はむし歯や歯周病が発症しやすくなります。
ママとボクの健康のために、無料の歯科健診を受けましょう。

妊娠・出産で、お口の中が変化します

妊娠・出産によるお口の中の変化  妊娠・出産・産後に合わせて、お母さんの心と身体は大きく変化していきますが、お口の中も変化が現れることがあります。
 妊娠中から産後にかけては、ホルモンバランスの変化により唾液量も減少し、唾液が酸性になるため、虫歯や歯周病になりやすくなります。また、つわりや体調の影響で、歯磨きがしづらくなり、食べかすが残りやすくなり、日常のケアが行き届かないため、歯周病になってしまう場合もあります。
 お子様に虫歯や歯周病を移さないためにも、お口の環境を良くするように心がけましょう。

妊産婦歯科健診を受けましょう(無料)

 尾張旭市では、妊娠中に歯に関心を持ってもらい、お口のトラブル予防のため、母子健康手帳交付時に「妊産婦歯科健診受診券」を渡しています。
 当院は、市内指定歯科医療機関ですので、「妊産婦歯科健診受診券」を持参の方には無料にて歯科健診いたします。
 お気軽にお電話にてお問合せください。
 ※健診以外の処置をした場合は別途、診療費が必要となります。

健診内容

  • 歯の状態チェック
  • 歯周病の状態チェック
  • 歯石付着・口腔清掃の状態チェック
  • その他(軟組織疾患、不正咬合)
  • 保健指導(食育指導)

持参物

  • 母子健康手帳
  • 妊産婦歯科健診受診券
  • 保険証

歯周病による早産・低出生体重児

 歯肉の炎症や腫れなど歯周病の症状は軽度から重度まで段階がありますが、現在、日本人の8割が歯周病と言われています。
 特に妊産婦の方に知っていただきたいのは、歯周病が原因で、お腹の赤ちゃんが早産や低出生体重児出産になる可能性があるということです。歯周病の細菌が血液中に流れ込み、子宮収縮や胎盤を通して赤ちゃんに影響が原因と言われています。
 ご自身が歯周病かどうか心配な方、また気になる症状がある方は、お気軽にご相談ください。

お勧めの予防方法

歯科医院でお口の中の状態をチェック

 まず、ご自身のお口の中の状態を確認しましょう。歯科医院では、ご自身では気づかない点をチェックします。状態によっては、ご相談のうえ、治療を行います。またホームケアのご説明も行います。

様々な歯科グッズを利用しましょう

  • つわりで歯磨きが難しい方は、小さいサイズの歯ブラシを試してみる。
  • 歯を磨くのが困難な場合は、デンタルリンス(液体歯磨)を使用してみる。

など、様々な歯科グッズを利用して、なるべく虫歯や歯周病になる環境を減らす方法を一緒に考えます。

食生活を見直しましょう

 つわりの影響で、食生活がかたよる方もいると思いますが、なるべく甘い物は控えるようにしましょう。
 難しい場合は、ダラダラ食べをしないようにすること、食べた後はうがいをすることを習慣づけて、お口の中が酸性になる時間を減らすようにしましょう。

TOP