ご予約・お問合せ0561-54-3926

診療時間 月・火・水・金 10:00〜13:00、15:00〜20:00
9:00〜12:00、13:00〜15:30
休診日 木・日・祝日(祝日の週の木曜は診療します)
アクセス
歯周病・歯周内科治療歯周病・歯周内科治療

歯周病・歯周内科治療

歯周病はお口の中の特定の菌とカビが原因です。
菌・カビの有無を調べた上で治療を行い、歯周病を改善します。

歯周病は放っておくと歯を失う恐ろしい病気です

歯周病は虫歯とは異なり、自覚症状がないまま進行します。

痛みや腫れに気が付いた頃には重度に進行している場合が多く、歯の支えとなるあごの骨が溶けていき、 やがて歯が抜けてしまう恐ろしい病気で、現在、日本人の8割が歯周病と言われています。

こんな症状のある方は、歯周病かも知れません

  • 歯ぐきから血が出る
  • 口の臭いが気になる 口臭でお悩みの方へ
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきを押すと膿が出る
  • 歯がぐらぐらする
  • おきると口の中がねばねばする

歯周病が全身疾患を引き起こす原因になることも

歯周病は、プラーク(歯垢)に含まれている細菌によって炎症を起こす病気です。
その細菌が口から体内に侵入することで、全身に様々な悪影響を及ぼすことがあります。

糖尿病

糖尿病が悪化すると免疫力が下がるため歯周病が悪化し、 歯周病が悪化するとインスリンの作用を阻害するため糖尿病も悪化する相互作用があります。

狭心症・心筋梗塞

歯周病菌が血管に入り炎症を起こすと血の固まりができやすくなり、狭心症や心筋梗塞などを引き起こすことがあります。

肺炎

歯周病菌が気管に入り、肺で菌が増殖し肺炎を起こします。

胎児の低体重・早産

歯周病菌の影響で子宮が収縮し、胎児が充分に育っていない状態で出産してしまうことがあります。

予防中心の歯周病治療で、早めの治療を

歯周病は、早期発見と早期治療によって症状の改善・維持を図ることが可能です。

当院では、科学的検査データを基に、歯周病をお薬で治す「歯周内科治療」を行っており、多くの症例において良い治療結果が得られています。

歯周病をお薬で治す「歯周内科治療」

お薬とエピオスウォーターで治す『歯周内科治療』

お口の中にはたくさんのカビや細菌がいます。

歯周病の原因は、その中の悪いカビや細菌です。
原因菌が減少すると、歯周病は改善します。

歯周内科治療は、お口の中のカビや細菌の種類を位相差顕微鏡で調べて、歯周病の原因となっているカビや細菌の有無を検査し、 原因菌に対してよく効くお薬の服用と、『エピオスウォーター』でうがいを行う治療法です。

お薬とエピオスウォーターを併用する事で、原因菌により効果を発揮する上に、外科的な処置を行わないので、患者様の負担が少ない治療法です。

お口の中のカビや細菌

『エピオスウォーター』とは?

エピオスウォーターは、不純物を極限まで取り除いた超純水と食塩を混ぜた水を電気分解してできた「高濃度次亜塩素酸水」の事で、 これは白血球が侵入してきた微生物に対して殺菌する過程で作られるものと同じ成分で、殺菌効果がある反面、人体にとても安心な機能水です。

エピオスウォーターはタンパク汚れを分解する効果もあり、うがいをする事でお口の中の汚れを分解・洗浄し、さらに除菌力がアップするという優れた効果を発揮します。

エピオスボトル

エピオスウォーターの効果

  • エイズウイルス等の様々なウイルス、カビ、細菌を数10秒で死滅させます。
  • 本来人間の体内で白血球が作るものと同じ成分なので、人体に無害です。
  • 普通の水では落ちないタンパク質の汚れを分解し、口臭の原因を除去します。

エピオスウォーターに対して、よくある質問

エピオスウォーターは人体に安全ですか?
超純水と塩を用いて生成されたものなので、人体にはほとんど害を与えません。
次亜塩素酸は本来、人体由来の免疫成分で安全性が高いことで知られていますが、厚生労働省によって食品添加物の規定上限が80ppmと決められております。
このエピオスウォーターは20ppmとその基準にも合致しており、食品分析センターの安全性試験においてもその安全性は認められております。
細菌に対してどのくらいの効果がありますか?
インフルエンザウィルスや、ノロウィルス、O-157、カンジタ菌などに効果があります。
うがいをしていると、変な臭いがするのですが、大丈夫ですか?
うがいの時の臭いは、お口の中の汚れ(プラーク)が分解される時に、クロラミンというものが発生されます。
汚れが多いほど臭いを強く感じますが、きれいになると臭いを薄く感じる様になります。

歯周内科治療の効果は、多くの歯科医院で実証されています

  • 口臭が気にならなくなる。
  • 出血しなくなる。
  • 朝起きた時の口のねばねば感が減る。
  • 膿が出なくなる。
  • 歯周病が改善する。
    (歯周病が原因でない場合もあるので注意が必要です。)

一般的な歯周病治療は、歯磨き指導、歯石取りがメインで、それでも治癒しない場合はメスを使った外科的な治療を行いますが、それらだけで菌を減らす事は実はむずかしいのです。

顕微鏡で菌の数・種類を確認して、きちんと菌をコントロールした上で通常の歯周病治療を行えば、歯周病の諸症状は改善できます。

位相差顕微鏡 菌の様子

歯周内科治療の流れ

初回治療
  1. 問診・レントゲン撮影・歯ぐきの腫れ・歯周ポケット等を検査します。
  2. 検査結果を基に、歯周病の進行状況を説明します。
  3. 患者様の歯垢を少し採取し、位相差顕微鏡で菌を検査します。
  4. 原因菌が見つかった場合は、お薬とエピオスウォーターをお渡しし、ブラッシングの指導も行います。

原因菌が少ない場合は、エピオスウォーターのみをお渡ししています。

ご自宅で

お薬の服用(3日間)と、エピオスウォーターでのうがい(7日間)を、ご自宅で行っていただきます。

2回目以降の治療

再度、菌を検査し、原因菌の有無をチェックします。
その後、歯石取りを必ず行います。
菌が減っている事を確認した上で、歯石を取るとより効果があります。

歯周病を再発させないために、定期的な検診をおすすめします

歯周病菌は、人から移る感染症で、再発する怖い病気です。治ったからと言って安心はできません。
定期的に菌をチェックし、歯周病から歯を守りましょう。

これからの定期検診は自分の磨けないところを磨いてもらうつもりでいらして下さい。
お口の掃除のお手伝いをさせていただきます。

当院はこれまでも出来るだけ歯を残すように努力してきましたが、この治療によって、さらに抜かずに済む歯が増える事と信じています。

TOP